script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"> 2019年8月 | mekurumeku

2019-08

NO IMAGE 未分類

結婚する?しない?

あなたは結婚したい?したくない?よくわからない? ちなみにわたしは、20代の頃「よくわからない」でした。 仕事も恋も満足ではないけど、そこそこに十分。 就職してすぐに結婚したいと嘆く同僚を横目に哀れだなと思っていたものです。 収入あるんだし、結婚しないのも、またアリじゃないの?なんて思っていたものです。わたしは「おひとり様」でも、人から何を言われても平気だし。 でもそれって、よくわかってなかったんですよね。現実の残酷さが。 どうか淑女諸君、1日じっくり考えて欲しい。 わたしと同じ轍を踏まないために。 (1)年齢は自分の見た目以上に、人からの扱いを変える 気がついてないだけで、若いというすさまじい特殊効果が常に働いているんです。 「わたしってそんなにモテるわけでもないし、ちやほやされてないですよ?」 そう思いませんでした?この認識がすでに間違い。 電車の中で、人とすれ違う時、誰かとちらっと目があう、店の入り口でドアをおさえててくれる、食事で上司がおごってくれる。見えないところで、気がついてないところで、あなたの「わたしって素敵な女性なんだ」という自尊心を高め、心を守ってくれているものが、今はたくさん溢れているんです。 でも若くなくなってくるとどうでしょう? 30代後半女性から集めた「あるあるモヤモヤ」をのせていきますので考えてみてください。 ①あれ?誰もわたしが見えてない?街で完全にスルーされる存在になる おかしいな〜?前は街を歩けば誰かとは目があってたのに、おじさんとかもこっちみてなくない?あなたよりももっと見るべき可愛い子を見ています。 10年前のあなたのような。 ②職場で「ああはなりたくないと」若い子の陰口がきこえてくる 正当に叱っても若い子から「あの人が売れ残っている理由がわかる」などと結婚してないことが性格の問題にされることがあります。若い頃はモテることが「魔性の女」として揶揄されたはずなのに…… ③結婚も仕事も両立している美魔女がいる 「わたしは仕事をとったの」そんな言い訳今のご時世に通用しません。どちらもバリバリやってしまう人同年代の既婚女性と常に比較されてしまいます。●●さんは家事も子育ても両立してすごい」わたしのすごくなさを痛感します。 ④飲みに行けば、たくさんの後輩男性社員は、上司であるあなたに奢ってもらい、余ったお金で若い女とホテルで楽しみに行く。あなたはといえばいつもまっすぐ家に帰って寝る。はっきり言って女としては、見られてません。悔しい?悔しくない? ⑤どんなに性格がいい人でも、なぜか友達の結婚や妊娠に心から喜べない。毎日自分だけ志望校に落ちている感覚、内定が取れない感覚に似てくる。勝手におひとり様同志認定していた子が先に結婚すると裏切られた気分になる。そんな自分がまた嫌になる。 ⑥明らかに大多数の同僚男性の話し方が変わる 雑、つっけんどんに対応される。助けてくれなくなる。男性は厳しい競争社会におかれています。時間もお金も無限じゃない。可愛い若い子なら助けてもいいけど……ある程度歳も経験も重ねてるでしょ?自分でやってね。それが本音です。 ⑧あなた以外はみんな結婚。同窓会では結婚や妊娠、子供の話ばかりで浮く。  会社にいると結婚していない女子がたくさんいるように感じます。  でもそれって違うんです。30代を超えてくると、未婚は結局はマイノリティーなんです。ほとんどの女は結婚しようと画策して結婚しています。 このような状況になっても、 あなたは完全に平気だと言い切れるでしょうか? 全く傷つかないハートを持っていると言い切れるでしょうか? そうでないならば、結婚を真面目に考えてみてください。